富山でこだわりの庭づくりならグリーグローブ

TOP | コンセプト

CONCEPT

庭づくりの想い

暮らしを楽しく。愛着のある庭づくり。

人の暮らしに楽しさやワクワク感を与えるに庭でありたい。

一言で「庭づくり」といっても、たくさんの意味がそこにはあります。
「家だけだと寂しいから外からの見栄えを良くしたい」
「車を駐車しやすいスペースが欲しい」
など、物理的に必要だと考え方もあります。
もちろん、それはとても大事なことです。
しかし私たちグリーングローブは、そこの目的だけではなく、もっとお客様の暮らしにプラスアルファを与える「楽しさ」を提案したいと考えています。
 

いつまでも愛着の持てる庭に。

建物もそうですが、お庭も完成して終わりではありません。お客様はずっとそこに暮らしていくわけです。
完成した時がMAXではなく、暮らしながら時を経ることに味わいのあるお庭にしたいと考えています。
例えば、「植栽」は年月がそれを成長させて緑が魅力的な庭にしてくれます。
自然の木材や石材なども、時を経て独特の味わいを醸し出してもくれます。
もちろんある程度のメンテナンスは必要ですが、それも含めて愛着のある庭となればとてもうれしいことです。

ナチュラルな素材を使った外構提案

時と共に味わいが深まる外構計画

外構計画を進めるにあたって、建物とのバランスは非常に重要です。
そこにアルミなどの既製品を採用することはよくあることですが、その中でも自然な素材を上手に活用して、ナチュラルなテイストの提案をすることを得意としています。
例えば、ウッドフェンス、塗り壁などは、素材感があり時と共に味わいを増す素材です。石やレンガなども独特の素材感です。そんな色々な素材をうまく生かしながら、建物をさらに引き出すデザインを提案します。
材料によってはメンテナンスが必要なものもありますが、お客様のライフスタイルに合わせて最も適した素材をセレクトして提案します。

もう一つのリビング ウッドデッキ

アウトドアのライフスタイルを暮らしの中に

建物の中だけでなく、庭の中でも楽しく過ごすことのできる提案が「ウッドデッキ」です。
ウッドデッキはその場所だけでも様々な使い方ができますが、家の中のリビングとの繋がりを持たせることで、家と一体化した開放的な空間を実現します。
また、もう一つのリビングとしての機能もあり、屋外だからこそできる使い方も楽しさを感じることができます。
家の中では難しいバーベキューパーティや夏の日には子供のプールで楽しんだりと、家にいてもワクワクするイベントも可能です。

時が経つほどに深くなる緑の植栽

様々な機能を持つ緑の植栽

建物は年々古くなっていくわけですが、庭に植えた植栽は年月と共に成長して潤いを与えてくれます。植えたときは少し物足りなくても、年々成長して、その様子は、家族の成長とも重ねることもできます。
また、リビングの南側に「落葉広葉樹(夏は茂り、冬には落葉する樹木)」を植えると、夏はその葉が暑い日差しを遮り、冬は葉が落ちることで家の中まで光を届けることになり、自然の力を使った「パッシブデザイン」の考え方も実現します。